山咲博昭の活動記録 -大学職員の学習ポートフォリオ-

27歳の誕生日を機に日々の学習記録をブログを始めました。大学院や勉強会等での学びによる気づきを記録していきます。 また、たまに勉強会・交流会とのイベントの案内も行っていきます。 twitter:@hysaki

【雑感】「箱根駅伝と大学」(連続テーマ:大学の車内広告について考える①)

twitterではここ2日間久々につぶやいておりましたが、大阪ー東京間を青春18きっぷで往復する旅に出ておりました(初日は名古屋までワープしましたが…)。また、東京からそのまま群馬県の高崎まで足を延ばしました。まだ、絶賛、旅の途中(静岡ー米原間の車内)ですが、受験シーズン到来間近ということもあり、移動中の車内には「大学の車内広告」が多く掲載されていました。

そこで今回から数回に分けて、「大学の車内広告」について考えていきます。その第1弾として今回は「箱根駅伝と大学」と銘打って考察していきたいと思います。

 

 

1 箱根駅伝の概要と歴史、出場対象校

いわずと知れた正月の一大イベント「箱根駅伝」が年明け1月2日、3日に開催されます。今年の開催要項や出場校は以下のリンクからご確認ください。

箱根駅伝公式Webサイト

そもそも箱根駅伝とは、どういったもので、どこまでの地域の大学を対象にしていたのでしょうか。公式サイトの「箱根駅伝公式Webサイト|箱根駅伝の概要と歴史」を見てみると次のようなことが書かれています。

関東学連加盟大学のうち、前年大会でシード権を獲得した10校と、予選会を通過した10校、および関東学生連合を加えた合計21チームが出場。東京・読売新聞社前~箱根・芦ノ湖間を往路5区間(107.5Km)、復路5区間(109.6Km)の合計10区間(217.1Km)で競う、学生長距離界最大の駅伝競走である。

 箱根駅伝(正式名称:東京箱根間往復大学駅伝競走)は、

①「関東学連加盟大学」でないと参加資格がない。

②「学生長距離界最大の駅伝競走」である。

といったことがわかります。

 

それでは、箱根駅伝はどういった経緯で開催されるようになったのでしょうか。

こちらも公式サイトの「箱根駅伝公式Webサイト|箱根駅伝の概要と歴史」から引用させていただきました。

箱根駅伝が誕生したのは、1920年(大正9)、今から90年も前のことである。創設の原動力になったのは、マラソンの父として知られる金栗四三らの「世界に通用するランナーを育成したい」との思いだった。
1917年(大正6)に日本で初めての駅伝となる「東京奠都五十年奉祝・東海道駅伝徒歩競走」が、京都三条大橋と東京・上野不忍池間で行われた。
読売新聞社が上野で開く大博覧会の協賛イベントとして企画したもので、京都―東京516キロを23区間に分け、三日間、昼夜兼行で走り継ぐ壮大なたすきリレーだ。
東西対抗で行われたレースは、大成功を収め、これが箱根駅伝の”原型”となった。

まず、日本で最初の駅伝が「京都ー東京間」を三日間昼夜兼行で走り継ぐもの、とされていますが、想像を絶する壮大さですね。走り継ぐにしろ、なかなかハードであること、また、最終的な結果を知るにしても現代のようにメールやネットは発展していませんから、結果を知るのにも時間がかかったと思われます(当時は電話があったので、それで結果を知れたのだと思いますが…)

そして、次のように続きます。

東海道駅伝」の成功に意を強くした金栗らは、大学や師範学校、専門学校に箱根駅伝創設の意義を説いて参加を呼びかけ、早大、慶大、明大、東京高師(現筑波大)の四校が応じたというのが、創設のいきさつである。

まずは4大学から開始し、「箱根駅伝」が創設されます。

ここから関東圏の大学に広がっていった訳ですね。ちなみにトリビアとして、過去に関東以外の大学も出場したことがあります。参照したのは「箱根駅伝の記録一覧 - Wikipedia」です。その大学とは、「関西大学」、「立命館大学」、「福岡大学」です。 「関西大学」は戦前に3回特別招待校(第9回、第12回、第13回大会)として1928年(第9回大会)、1931年(第12回大会)、1932年(第13回大会)出場しています。

一方、「立命館大学」、「福岡大学」は、1964年(第40回大会)に招待校として出場しています。「大学」として出場したのはこれだけになりますが、「日本学連選抜」として、2004年(第80回大会)に出場した記録があります。しかし、基本的には関東学連所属大学以外には門戸が開かれていないのが実情です。

 

2 箱根駅伝と「大学名の認知度向上」

箱根駅伝」は全国ネットでテレビ中継もされ、正月の風物詩となっています。そうした「箱根駅伝」は、JR東海道線内の車内広告でも大々的に広告が掲示されていました。 以下の写真は、東海道線高崎線(熱海ー高崎間)に乗車した際に撮影したものです。 

f:id:hiroaki1214:20171230190504j:plain

東海道線車内で撮影(2017年12月29日撮影)

入試直前で出願も始まるこの時期に、全国ネットで大学名が連呼され、事前広告として大学名がこのように掲載され、周知されることは「大学名の認知度」を上げるにあたり絶大な効果があるでしょう。

しかし、あくまで「大学名の認知度向上=志願者増」とはならないでしょう。それは、2018年の受験生は既に受験校を絞っており、直結するわけではないのです。しかし、これから受験を考える高校2年生、1年生にとっては「大学名」を知ることが、その大学に興味を持つきっかけになり得るとも考えられます。その観点から考えると、「箱根駅伝」に出場した次の年の志願者数に影響が及ばされることもあり得ります。直接的な要因としてどのような効果を与えているか調査するのは難しいかもしれないですが、間接要因としてどのような影響を及ぼすのか調査しても面白いかもしれません(その年の18歳人口も踏まえての検討が必要かと思いますが…)。

 

3 箱根駅伝と「大学」

個々の大学に対する効果という観点では、「大学の認知度向上」もありますが、「箱根駅伝」出場校としての贔屓にする「大学」が出てくることも考えられます。

これは、単純に志願者増だけでなく、OB・OG以外の方々からの寄附金に繋げることも一案として考えられるのではないでしょうか。そういった卒業生以外の方から寄附を考える際にも検討材料として使えそうです(お金の話ですみません)。

一種の興業化になるため、学生スポーツとしては大々的に個々の学生の軸にしたイベントを企画するのは難しいかもしれませんが、既存の大学関係者以外の方にも大学を知ってもらい、贔屓してもらう機会としては一つ考えられる方法ではないでしょうか。

こういった広告が大々的にJR車内に出るのは羨ましいです。(以下の写真は「東洋大学」さんです)

 

f:id:hiroaki1214:20171230190611j:plain

東海道線車内で撮影(2017年12月28日撮影)

 4 最後に

ここまで、「箱根駅伝」と「大学」について考察してきました。「3 箱根駅伝と『大学』」ではスポーツを通じた大学の認知度向上の贔屓校づくりについて述べましたが、今年(2017年)9月14日公表の「大学スポーツ振興の推進事業」では、以下のように大学スポーツを通じた大学振興を推進しています。

 スポーツ庁は、スポーツ基本計画に基づき、大学におけるスポーツ分野を戦略的かつ一体的に管理・統括する部局の設置や人材の配置を支援し、大学スポーツの活性化や大学スポーツを通じた大学全体の振興を図るための体制整備に取り組んでいます。
 今般、大学スポーツ・アドミニストレーターの配置等大学におけるスポーツ活動を支援する「大学スポーツ振興の推進事業」に応募のあった提案について、有識者からなる技術審査委員会による審査の結果、8大学を選定しました。概要は以下別添のとおりです。

今回は8大学が選定されています。「箱根駅伝」などの国内レベルでなく、2020年の「東京五輪」などを代表する世界的なスポーツイベントに選手を輩出できるか、も視野に含まれた取組だと考えられます。

このような「スポーツ」を通じた「大学の認知度向上」は、少子化などの「2018年問題」にも多少なりとも影響することだと考えられますので、「スポーツと大学」の関係性に着目して調査するのも面白いかもしれません。

なお、IDE大学協会が発刊している『IDE-現代の高等教育』の2017年7月号(vol.592)では、「大学とスポーツ」と題して特集が組まれておりました。こちらの話に興味のある方は一読してはいかがでしょうか。

 

次回は、「大学の車内広告について考える②」として、車内広告の打ち出し方について考察していきたいと思います。

【平成30(2018)年度】大学基準協会の機関別認証評価を受審される皆様へ(備忘)

更新が滞っており申し訳ございません。

次年度申請に向けた報告書取りまとめ等も佳境に入りつつあります。

 

さて、今回は、2018年度の機関別認証評価を大学基準協会で受審される皆様へ備忘も兼ねたお知らせです。

第3機関別認証評価より、申請締切が早まり、「大学評価申請書」を【11月30日(木)(同日消印有効)】までに提出する必要があります。※新たに大学基準協会の会員になる場合は、「正会員加盟申請書」も添えて提出する必要があります。

 

詳細につきましては、以下の大学基準協会のHPをご覧ください。

(事実誤認や申請方法等の変更があってはいけないので、各自で必ずご確認ください)

 

http://www.juaa.or.jp/news/detail_513.html

 

この申請手続きについても、第2期機関別認証評価と異なります。

第2期では申請時に、「大学評価申請書」の他に以下の書類が求められました。

・『自己点検・評価報告書(草案)』

・「大学基礎データ」

・「評定一覧」

・「提出資料一覧」

・根拠資料一式

これらの書類の提出が求められなく関係かはわかりませんが、従来、申請年の1月中旬に提出のものが約2か月早まり、なった関係かはわかりませんが、申請手続きの期日が早まっています。ご注意ください!

 

 

大学基準協会主催 大学評価実務説明会から見る第3期機関別認証評価について①

とうとう2018年度から第3期機関別評価が開始します。2017年度は第3期機関別認証評価の初年度に受審する大学にとって、自己点検・評価報告書を作成する年になります。

それに先立って各認証評価機関では第3期の評価基準や、手続き等の説明会を開始しました。我が国の機関別認証評価を行う機関は3つあります。機関ごとに受審する大学の傾向があり、それぞれの機関ごとにも特色があります。

 

認証評価機関名

受審大学の傾向

大学改革支援・学位授与機構

国立・公立大学中心

大学基準協会

日本私立大学連盟の加盟校が中心

日本高等教育評価機構

日本私立大学協会の加盟校が中心

 

表の傾向はあくまで傾向であり、各認証評価機関では、国立・公立・私立大学の別を問わず、受入れられるような評価基準を策定しています。今日はその中でも、先日に参加した大学基準協会が2018年度受審大学に向けに行った大学評価実務説明会のことについて触れていきたいと思います。

 

第3期機関別認証評価の大きな特徴としては以下のことが上げられます。

① 内部質保証システムの有効性に着目する評価の実施

 このシステムの機能の実質化を図るために「大学全体の内部質保証に責任を負う組織(以下、「全学内部質保証推進組織」)を整備することを推奨しました。

 

② 全学的観点からの「自己点検・評価報告書」の作成

 第2期では、各部局レベルまで評価が行われることもあり、学部・研究科ごとの詳細な記述が自己点検・評価報告書が求められていました。しかし、第3期からは、全学的な観点から点検・評価を行った報告書作成が求められることになります。

 ここでは、①の「全学内部質保証推進組織」が中心となり、各部局の自己点検・評価報告書の記述を基に全学的な観点からこの組織が点検・評価を行い、その結果として「自己点検・評価報告書」を作成することを示しています。

つまり、①学部・研究科等の自己点検・評価報告書の作成、②全学的観点からの自己点検・評価報告書の作成、といった2段階の報告書作成が求められるということになります。

 

③ 「大学として将来を見据えた中・長期の計画その他の諸施策の設定」について

評価基準の基準1 理念・目的の点検・評価項目で求められています。これは大学基準協会が第3期の特徴として上げているわけではないのですが、個人的には隠れた第3期の特徴であると考えています。

ここでは、自己点検・評価活動と中長期計画の連動を図り、より「全学内部質保証推進組織」によるマネジメント力を強化し、「改善」のみならず「計画」にもきちんとつなげていこうとする狙いがあると考えます。これは、PDCAサイクルの実質化を図るには極めて当然ことではありますが、認証評価において将来の計画設定を求めるのは、いわゆる事後チェックの範囲を超えたものであるとも考えられますので、ここで特色があり、計画の実質化が図れている取組があれば、長所として取り上げられる可能性があるのではないでしょうか。

 

さて、私論も含めて大学基準協会による第3期機関別認証評価の特徴について触れてきましたが、他にどのような変更があったのかを、引き続きこのブログで更新していきたいと思います。

【雑感・私論】人事異動について3

お久しぶりです。

最近、更新滞っておりまして申し訳ないです。

 

先月、学内で人事異動が発表されました。

結論から言うと、私は異動なしでした。

しかし、課内では2名の異動があり、人数のそこまで多くない部署ですから人の入れ替わりによって、雰囲気も少し変わったかなと、感じたり、感じなかったりします。

 

どの組織でもそうなのかもしれませんが、特に大学は人事異動により、他の組織に転職したかと思うくらい、業務内容が変わる、という声をしばしばお伺いすることがあります。

大学職員のキャリア形成の観点で分析すれば、人事異動によって職員の成長にどう影響を及ぼすのか、という点で研究を進めても面白いかもしれないなと、ふと、思いました。

 

機会があれば、この点についても分析していきたいと思います。

認証評価受審に向けての業務が本格化してきておりますので、ブログ更新が滞りがちになるかと思いますが、近況報告も含めて少しずつ、定期的に、更新できればと思います。

 

引き続きよろしくお願いします!

【雑感・私論】人事異動について2

さて昨日、予告しておりましたとおり、人事異動に関する考察を行なっていきたい思います。

 

大学の人事異動でよくあるパターンは以下のものが上げられるのではないでしょうか。

 

① 一斉型異動(管理職及び一般職員、新規採用者配属も含む)

② 4月管理職異動(新規採用者配属も含む)、6月一般職員異動

 

時期は目安ではあるのですが、これらのパターンに分かれると考えられます。あくまできちんとしたエビデンスはないのですが、これまで色々お話をお伺いした経験で考察していきます。

 

まず、①の一斉異動パターンに関しては、4月の年度初めに一気に異動してしまうので、学生対応窓口とりわけ、新入生対応(ガイダンスや履修相談)を行う教務関係や、決算や事業報告を行う財務関係など担当者が交代してしまうことがあります。その場合、業務の連続性の観点から言うと途切れてしまうので、少し混乱する恐れがあります。逆に考えられるメリットはなんでしょうか。それは、新規採用者と異動者含め同時に入ってくるので、レクチャーを行うには一斉に行える点や、みんなが同じタイミングで異動しているので、学内の全部署が「これから新たな年度が始まるんだ」という雰囲気になり、新規採用者も少しは馴染みやすい環境であるとも言えるのではないでしょうか。

 

次に、②のパターンですが、①のパターンでデメリットとして上げられていた業務の連続性の問題は一定の繁忙期が終えてからの異動になるので、このパターンの異動の場合は業務の連続性を担保した上での異動であるという点でメリットとして考えられます。逆にデメリットとしては、何が考えられるでしょうか。それは、①のパターンと逆になるのかもしれないですが、新規採用者が教えてもらっていた先輩職員が異動する恐れがあり、一から人間関係を構築するのに加え、業務の引き継ぎなどがスムーズに行われない可能性があるという点です。特に、新人が採用され、先輩職員が異動し、その部署の業務の未経験者が配属されるケースがあれば、業務の継続性の観点でもかなりのデメリットであると考えられます。

 

以上の2点について考察を行いましたが、今回の考察を行う上での軸になった考え方は「業務の継続性」、「新規採用者の育成」という点でしょうか。他の側面から見ると人事異動の時期について、それぞれ異なるメリットやデメリットが出てくるかと思います。

また皆様のご意見をtwitterなどでお寄せいただければと思います。

 

ちなみに本学は①のパターンの異動が行われています。さて、今度の人事異動はどうなるのでしょうか。週明けが楽しみであり、怖くもあります。

 

【雑感・私論】人事異動について

久々の更新でございます。

ここ数日はビックイベントに見舞われており、更新できるような状況ではございませんでした。ええ、まだ、そのウェーブは終わってませんが。。。

 

さて、本日のテーマはこの時期のあるあるでもあります、人事異動についてです。

弊社は週明けにあるのですが、ビックイベントのため、あまりそれを意識することはありません。気づいたら人事異動の発表がなされてる、というのが今回の内示ではないでしょうか。

 

さて、ここで本題なのですが、それぞれの大学によって異動する時期、また、人材育成の方針は異なるかと思います。特に、年度末や年度始めは多くの部署が忙しいことに加え、新入生対応やその準備、ガイダンスなどといった行事も多くて年度の中でも大変な時期にあります。

 

その中で、これは大学によって分かれるかと思いますが、4月異動、5月異動、6月異動といろんな時期や、管理職は4月、一般職は6月と役職によって時期が異なるケースがあり、本当にさまざまかと思います。

 

どれにもメリット、デメリットはあるかと思いますが、その点を詳しく考えてみたいと思います。

 

中途半端ではございますが、今回は予告編ということで、詳細かつ、冷静な分析は次回に回したいと思います。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

【研究】大学人事研究グループ@池袋に参加してきました。

昨日(3/4)は大学行政管理学会の大学人事研究グループの研究会に参加してきました。明日(3/5)も引き続き東京で学会関係の予定がありましたので2日連続の東京になります。

こちらの研究会のメンバーでもありますので、年1回は少なくとも参加できるようにしております。今回はテーマは以下の通りでした。

 

  1. 2016年度の研究会活動の振り返り
  2. 2017年度の研究会活動の事業計画の検討について
  3. 2017年度開催予定の大学人事研究グループのシンポジウムについて
  4. 男性の育児休業について
  5. その他

 

詳細はここに記述はしませんが、今回の研究会は研究会メンバーの中でアメリカへ出張中の方も含めての研究会でしたので時差の壁を超えた研究会となりました。

当初はSkypeを使っていたのですが、音声のノイズがひどかったので、Googleハングアウトに切り替えるとノイズがなくなったので便利だなー、と感じました。

次年度計画もあらかた見えてきたので、それに向けて必要な準備を進めていければなと思います。